MENU

インフルエンザと高熱

インフルエンザの症状の中で一番有名なのは、高熱が出ることでしょう。
人によっては、40度以上の体温になってしまう場合もあります。
一般的に見られる症状は、風邪と同じで、悪寒や筋肉痛、倦怠感や鼻水があらわれます。

 

いくらかのスタミナと抵抗力があれば、とても悪化してどうしようもなくなるということはないでしょう。
出された薬を飲んで静かにしていれば、一週間もすれば体の状態は大方良くなっていることでしょう。
とはいえ、非常な高熱が数日も続いてしまう可能性もあるので、インフルエンザはそのままにしておいていい病気と思っていてはいけません。

 

ふさわしい治療をしない場合には悪くなり、肺炎を引き起こすこともあるので注意しましょう。
風邪よりもインフルエンザのほうがよくないとされていますよね。
それは、あらゆる合併症が表れてしまうケースもあるからです。

 

先ほど名前を出した肺炎もその一つですが、その他にも脳病などの大変な病気も併発する場合があるのです。
中でも体力があまりない場合、重度な症状に発展しやすくなるため、きちんと予防していくことが肝心です。
風邪と同じような症状で、素人だとわからないことがあるため、病院を訪れることをおすすめします。

 

病院の処方薬は効果があり、早めに症状を回復させることができます。
嘔吐や下痢といった症状が収まらないとスタミナがみるみる奪われ、脱水症状に陥ってしまうこともあるでしょう。
高熱の症状がある時は汗によって体内の水分も不足するので、水分補給をしっかり行うことが大切です。

関連ページ

インフルエンザの数種類の予防の仕方
インフルエンザのさまざまな症状について解説。まずはスタミナをつけることが一番重要です。
インフルエンザの予防接種
インフルエンザのさまざまな症状について解説。まずはスタミナをつけることが一番重要です。
インフルエンザは風邪とは違います
インフルエンザのさまざまな症状について解説。まずはスタミナをつけることが一番重要です。