MENU

インフルエンザの予防接種

インフルエンザを回避したい場合は、予防接種を受けることが望ましいでしょう。
中でも年配の人がインフルエンザに感染すると、重症になることがあります。
また合併症が生じる危険性もあるので、予防接種は不可欠です。

 

65歳を超える人の場合は、在住している市町村でお金の補助を受けられます。
この予防接種というのは、一回だけで生涯効き目があるものとは違います。
変わりやすい遺伝子なので、一年に一度予防接種を受ける必要があります。

 

何月頃に予防接種の受付をしているのかというと、10月の中旬だと頭に入れておくといいでしょう。
ワクチン不足の問題も考え、持病を持っている人や体力がない人は、早い時期に予防注射を打っておくことをおすすめします。
かかりつけの病院に訪れた際に聞いておくと安心です。

 

覚えておきたいのは、予防接種の後すぐに予防効果が見られるということではない点です。
体内に抗体ができないといけないので、およそ一か月の日数が必要です。
あとは、インフルエンザの予防接種というのは、シーズン中に二回受ける必要があります。

 

もちろん、一回でも予防接種を受けないよりも効果はありますが、1度のみの接種ではその効果は65%程度、二度の接種では95%程度と、非常に差があります。
どう頑張っても二度受ける時間がない人は仕方ありませんが、できるなら二回行うほうがいいでしょう。

 

一度きりしか行けないので、行っても意味がないということではないので、暇がない人は一回だけでもいいので行くようにしましょう。

関連ページ

インフルエンザの数種類の予防の仕方
インフルエンザのさまざまな症状について解説。まずはスタミナをつけることが一番重要です。
インフルエンザは風邪とは違います
インフルエンザのさまざまな症状について解説。まずはスタミナをつけることが一番重要です。
インフルエンザと高熱
レーシック名古屋の眼科を紹介するサイト。レーシック情報も。