MENU

インフルエンザの数種類の予防の仕方

インフルエンザの症状があらわれないようにするには、数種類の予防の仕方が存在します。
はじめに、インフルエンザが猛威をふるっている頃は、人ごみに入らない必要があります。

 

誰とも会わずにいることは難しいですが、大勢の人で混雑していところは、菌の量が増えているでしょう。
人がたくさん来るイベントなども、できれば参加しないのが無難です。
外出が避けられないのであれば、マスクを忘れずつけましょう。

 

こうした点は、既に発症してしまった人も変わりません。
マスクをつけておくことにより、口や鼻から菌が侵入するのを予防することができるのです。
中でも、咳やくしゃみなどが出ている人は、人と会うときにマスクを身につけるのはマナーだとも言えるでしょう。

 

ただ、小さな子供はマスクをつけたがらない場合もあるでしょう。
そこで、子供も連れてマスクを買いに行くといいかもしれません。
最近ではキャラクターが描かれたマスクなど、子供が気に入りそうなものも取り揃っています。
それなら、特に嫌がることなく装着してくれる子供もたくさんいるようです。

 

それに、人の体の中には抵抗力があるので、たとえウィルスを取り込んでしまっても体が抵抗してくれます。
要するに、免疫力が十分にあればインフルエンザにならずに済むのです。
ところが、栄養が不十分だったり睡眠不足の場合には、免疫機能が弱体化することもあり得ます。

 

しっかり食事を摂って、たくさん寝るということも、予防のために不可欠なことです。
さらにお決まりのうがいと手洗いをしっかり行いましょう。
それらもインフルエンザを未然に防ぐためには欠かせません。

関連ページ

インフルエンザの予防接種
インフルエンザのさまざまな症状について解説。まずはスタミナをつけることが一番重要です。
インフルエンザは風邪とは違います
インフルエンザのさまざまな症状について解説。まずはスタミナをつけることが一番重要です。
インフルエンザと高熱
レーシック名古屋の眼科を紹介するサイト。レーシック情報も。