MENU

レーシックの種類

レーシック手術の概要
 レーシック手術は、角膜の再生しない部分をレーザーで削って視力を矯正するものです。
手術の最初は、角膜の表面を薄く削り取ってめくり蓋になる部分を作ります。この部分のことをフラップと呼びます。
フラップが出来上がりますと、それをめくって角膜の再生しない部分にエキシマレーザーと呼ばれるものを照射して角膜の厚さを調節し、フラップをかぶせて手術は終了します。

 

 フラップの作成段階で、普通のレーシックでは、マイクロケラトームと呼ばれるカンナのような特殊な機器を使用します。
利点は、伝統的な方法であることで価格が安いこと、よって治療費用が安いことです。一方、欠点は、角膜の薄い場合はこの方法では手術が出来ない事、手術をする医師の技量によって術後の見え方が左右される事、まれに角膜が濁る後遺症が現れる事などです。

 

 フラップの作成に、イントラレーザーというレーザー機器を使うものを、イントラレーシックと呼ばれています。
この方法の利点は、フラップの厚みを薄くできる事(角膜が薄くレーシックでは無理な時も手術が可能になることがある)、正確にきれいなフラップが作成できる事、術後の見え方がレーシックに比べ良くなる等あります。
欠点は、イントラレーザーが高価であり、結果として治療費も高くなる理由の一つになるということです。

 

手術メニュー
 手術メニューが一種類でないことは、フラップ作成の方法が二種類あることから理解できますが、さらにイントラレーザー機器が何種類もあるということもメニューの多さの原因になっています。
また、コンピューター制御のためプログラムを組むことにより個々人にあったオーダーメイドな治療が可能であるということも、メニューが多い元になっているようです。

関連ページ

レーシックで老眼も治りますか?
レーシック名古屋の眼科を紹介するサイト。レーシック情報も。
イントラレーシックの手術の流れ
レーシック名古屋の眼科を紹介するサイト。レーシック情報も。
レーシックで老眼治療
レーシック名古屋の眼科を紹介するサイト。レーシック情報も。
レーシック手術で影響が出てくる職業!
レーシック名古屋の眼科を紹介するサイト。レーシック情報も。