MENU

レーシックを受けるとなれない仕事はあるのか?

日本ではパイロットは一定以上の視力を必要とする反面、それがレーシックで得られたものであると逆に条件に反してしまいその職業に就くことができなくなってしまいます。

 

パイロットは視力を必要とすることとは別で、体に重力や気圧の変化などを受ける職業であるため、眼圧にも変化が生じます。

 

更にいざというときには乗客や、地上の人を危険に晒してしまうため、単に視力を求められるだけでなく眼圧の変化により、その「いざというとき」を引き起こさないためにこのような条件が設けられているのでしょう。

 

ちなみにこれは、日本独自の規制ですから世界のどの国へ行ってもレーシック経験者はパイロットになれないというものではありません。アメリカではレーシックを受けた人でもパイロットになれます。

 

世界的に見ると、NASAの宇宙飛行士の場合には、一部の高度なレーシックであれば受けた上でなれる可能性はありますが、もしそれ以外を受けてしまった後ではなれなくなってしまうというわけですね。

視力が悪い人はレーシックを受けて仕事につけることも!

日本では、身近なところでは運転免許証を取得・更新する際には一定以上の視力が求められます。これに関しては裸眼でなければいけないということはなく、眼鏡・コンタクトレンズ・またはレーシックにより矯正した視力が0.7以上であれば良いというものです。

 

そして例えば自衛官のような職業は、裸眼視力が一定以上であることが条件となっていますから、自衛官になるためにレーシックで近視を矯正した、という話も聞きます。

 

またスポーツ選手も、眼鏡は単純に邪魔であったり競技の上で危険であったりするため、できれば裸眼での視力が一定以上であることを本人が望む場合が多いでしょう。

 

しかし、レーシックで作ったフラップがズレるリスクなどは同時に抱えることになるため、激しい運動をする前提であるスポーツ選手の場合はラゼックやエピレーシックなど、フラップがあとでなくなる術式を選ぶようです。

 

このように、裸眼視力を矯正することで、つけなくなる職業よりも、つける職業の方が多いため、レーシックは普及してきているという考え方もできます。

 

例えば既に挙げた自衛官以外にも、法務教官、警察官、消防官、騎手、競艇選手などは、一定以上の視力が求められる上、できればそれが裸眼であった方が良いというものは少なくありません。

関連ページ

レーシックで老眼も治りますか?
レーシック名古屋の眼科を紹介するサイト。レーシック情報も。
イントラレーシックの手術の流れ
レーシック名古屋の眼科を紹介するサイト。レーシック情報も。
レーシックの種類でどう違う?
レーシック名古屋の眼科を紹介するサイト。レーシック情報も。
レーシックで老眼治療
レーシック名古屋の眼科を紹介するサイト。レーシック情報も。