MENU

レーシック手術の心得記事一覧

老眼 老眼は歳とともに目の焦点を合わせる能力が衰えてくることにより普通の視力の人であれば近くが見えにくくなる事をいいます。したがいまして、近くを見るためには老眼鏡を使うことが一番手っ取り早い方法です。老眼用レーシック レーシック手術は一般に近視の場合の視力矯正治療ですが、老眼のための遠近両用レーシックというものもあります。この手術の原理は、遠近両用の眼鏡やコンタクトに似ています。この手術の特徴は、...

手術前 イントラレーシック手術と従来のレーシック手術は、ほぼ同じですから手術の流れも同じようなものになります。まず、事前検診を受ることになります。 事前検診では、イントラレーシック手術をすることが可能かどうかを中心に検査をします。イントラレーシツクの場合は、伝統的なレーシックに比べて、スラップを作るときに削る角膜の上皮部分が薄くて済みますので、レーシックは不可能でもイントラレーシックであれば可能で...

レーシック手術の概要 レーシック手術は、角膜の再生しない部分をレーザーで削って視力を矯正するものです。手術の最初は、角膜の表面を薄く削り取ってめくり蓋になる部分を作ります。この部分のことをフラップと呼びます。フラップが出来上がりますと、それをめくって角膜の再生しない部分にエキシマレーザーと呼ばれるものを照射して角膜の厚さを調節し、フラップをかぶせて手術は終了します。 フラップの作成段階で、普通のレ...

レーシックは、視力回復方法として知られている手術方法です。しかし、レーシックでは老眼を治療することは出来ません。そのため、レーシックの治療が出来ないからといって、老眼による視力回復もできないというわけではありません。最近は、老眼治療としてレーシックカメラの人気が高まっているため、対応している医療機関も増えてきているようです。

日本ではパイロットは一定以上の視力を必要とする反面、それがレーシックで得られたものであると逆に条件に反してしまいその職業に就くことができなくなってしまいます。パイロットは視力を必要とすることとは別で、体に重力や気圧の変化などを受ける職業であるため、眼圧にも変化が生じます。更にいざというときには乗客や、地上の人を危険に晒してしまうため、単に視力を求められるだけでなく眼圧の変化により、その「いざという...